<< クリスマスパーティ | top | 山籠り前のおでかけ・・ >>

リトグラフの技法・プロセス8






アラビアゴムを塗って、数日置きました。。

それから一次製版です。
プリントクリーナー、、、のかわりに
ペイントうすめ液で描画部分を
ふきとりました。

今回は、刷りが安定してできるよう
ラッカー製版・乾式でやっています。

小さい版とか、急ぎの時は湿式にしますが
それはまた。。

で、ピンク色の液体ラッカーをすばやく伸ばして
乾いたところに、茶色のチンクターも伸ばして。。

これは濡れた手で作業できません。
水がかかっても失敗するので
汚れますが手も洗わず乾き待ちします。。

チンクターを伸ばすと描画部分が見えてきます。

ようやく水洗いです。
ラッカーとチンクターは油性なので
水洗いではおちません。。

ココでは、製版時に塗っておいた
水溶性のアラビアゴムを溶かすために
洗い流すのです。。

水かけちゃったところまで。。

ブログではここまでなのですが、
次のプロセスの製版インクを盛るまでは
本来は一気に作業します。







norry-art | - | 12:15 | - | trackbacks(0) | - | - |
Trackback
URL:

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--